ホーム > 自立支援協議会とは?

自立支援協議会とは?

自立支援協議会とは?

自立支援協議会について各概要を詳しく説明しています。

住吉区地域自立支援協議会

住吉区地域自立支援協議会は、厚生労働省から自立支援法など障害者の福祉施策の向上のために各市町村で設立するように指示があり、大阪市では、大阪市自立支援協議会と各区に地域自立支援協議会が設立されています。 住吉区でも、従来から実施しておりました「ケアマネージメント連絡調整会議」を母体として、平成20年4月1日に住吉区地域自立支援協議会を結成しています。

業 務

住吉区地域自立支援協議会業務としては、
(1) 困難事例への対応についての協議調整
(2) 地域の関係機関によるネットワーク構築
(3) 地域の社会資源の活用及び改善の検討
(4) 委託相談支援事業者の運営評価への意見提出
(5) その他、地域の相談支援体制の充実に必要とされる事項の検討
などを行うこととしています。

参加組織

参加組織としては、大阪障害者自立センター、大阪市立浅香障害者会館、大阪市立住吉総合福祉センター、住吉区身体障害者団体協議会、野菊の会、大阪市立大学生活科学研究科、住吉区社会福祉協議会、南西部就労支援センター、自立生活センター まいど、こころの相談ネット ふうが、わかば、(社)よさみ野福祉会、あいえる協会、リカバリーハウス いちご長居、知的障害者通所授産施設 はぁとらんど浅香、住吉区保健福祉センター生活支援担当、住吉区保健福祉センター保健福祉担当

組織図

組織図